第1章
構成管理入門  

第2章
Subversionによるバージョン管理入門

第3章
Subversionベストプラクティス

第4章
Maven2によるビルド入門

第5章
Maven2ベストプラクティスリリースの自動化

第6章
リリースの自動化

Appendix
Maven 2はまり道


※WEB+DB PRESS Vol.39掲載の記事を載せています。

第3章 Subversionベストプラクティス

Authors:YOSHIHARA Hidehiko,BABA Yasuyuki

はじめに

現在のソフトウェア開発では、バージョン管理ツールがほぼ当たり前のように使われています。ただ、このバージョン管理ツールに振り回されてプロジェクトが破綻してしまうことも見受けられます。
なぜ、このようなことが起こるのでしょうか? 筆者は、SCM(ソフトウェア構成管理)の説明が単なるバージョン管理ツールの使い方の説明で終わってしまっていることが原因だと考えています。
SCMをただのソースコードの履歴管理だけで終わらせてしまうのはもったいないことです。
SCMは、必要性は理解されているけれども、あまり深くまで追求されない作業です。第1章の参考文献で挙げた書籍『パターンによるソフトウェア管理構成』では、SCMを「配管作業」といっています。
本章では、『パターンによるソフトウェア管理構成』で取り上げられているパターンのいくつかを対話形式で紹介していきます。開発者がバージョン管理ツール使えるようになった次のステップとして、本記事が配管作業の役に立てば幸いです。












































[Backlog] - Subversion -