第1章
はじめてのデザインパターン  

第2章
逆引きカタログ ロジック編

第3章
逆引きカタログ J2EE編

第4章
逆引きカタログ その他

第5章
デザインパターン適用の勘所

第1章 初めてのデザインパターン

Authors:Agata Toshitaka

おわりに

 デザインパターンは楽しいものです。
 デザインパターンを理解すると、プログラミング、特に設計が楽しくなります。 柔軟性の高い設計で良いアプリケーションが書けるようになれば、技術者冥利に尽きると思いませんか?
 それでは、次章以降で具体的なパターンの解説に入っていきましょう。

COLUMN 特集読了後のアドバイス

 本特集の内容はデザインパターンの入り口を叩くところまでです。 実際にデザインパターンをものにしていくには、読了後の実践と継続的な学習が必要になってくることでしょう。 コラムとして、デザインパターンの習得法、参考・推薦図書、推薦URLをご紹介します。

■デザインパターン習得法

 デザインパターンは諸刃の剣だといえます。正しく使うことで柔軟性の高いアプリケーションを作ることができます が、適用を誤ると複雑なだけで柔軟性の低いアプリケーションにもなりかねません。正しく使いこなすまでに、多くの 実践と失敗を繰り返すことになるでしょう。
 以下、筆者が実践と失敗を繰り返してきた中で学んだ、デザインパターン習得法をご紹介します。
@書籍などでデザインパターンを「知る」
 まずは書籍です。参考・推薦図書に挙げている書籍などで学習しました。
「まともな設計ができるようになりたい」という目標に向かってがんばっていた日々です。
A実際に手を動かしてデザインパターンを「体得する」
 サンプルコードを自分の手で入力し実行することで、デザインパターンを「血肉化」していきました。
 小さな積み重ねですが、ここでの習作が次の実践で役に立ちました。
Bプロジェクトでデザインパターンを「実践する」
 デザインパターンがわかった気になったころ、さっそくプロジェクトに適用しました。
 うまくいったこともありましたが、最初の頃はパターンの誤用・乱用も多く、失敗も経験しました。 まだまだ未熟な筆者にそのようなチャンスを与えてくれたリーダーには感謝しています。
C失敗を元に反省しデザインパターンの「さじかげんを知る」
 失敗は悔しいものです。しかし、失敗しないとわからないことも多いのです。
 失敗を糧にデザインパターンのさじかげんを知ることができました。
D師匠・仲間を見つけて、デザインパターンについて「語る」
 デザインパターンをすでに実践している師匠的な人物や仲間を見つけましょう。
 デザインパターンを試し始めると、「AとBどっちがよい設計?」という疑問が次々に出てくることでしょう。 そういうときに気軽に相談できる人の存在は大きいです。 そのような人が周りにいないときは、メーリングリストやユーザグループなどのコミュニティに参加して、そこで師匠を見つけるというのも手ですよ。

■参考・推薦図書

■推薦URL

TOP